2016年9月1日木曜日

三江線は廃止へ

少し前から廃止の話がでていた三江線、やはり廃止となってしまうようです。沿線住民でもない私が好き勝手なことを記すのものなんですが、やはり鉄道として存続させるにはあまりにも利用者が少ない... 沿線住民がこれから増えるということも期待できず、廃止は仕方がないのではないかと感じます。


私にとっての三江線は生活ではなく、観光に近いもの。沿線に写真を撮りに出かけたときには地元で少しでもお金を落とすようしていましたが、三江線に乗るということはしていませんでした。あまりにも本数が少なくて乗って戻るが難しいんですよね。私のような者のためにダイヤを組むことはありえないのですが、それにしても少ない...

乗る人が少ない→本数が減る→さらに不便になって乗らなくなる→さらに本数が減る

といった負の連鎖のような感じ。もっとも、ローカルニュースでインタビューされていたおじいさんの人がいないので仕方がないのかなといった旨のコメントがすべてではないかなって。

計画されていたころは山陽と山陰を結ぶ陰陽連絡線として考えられていたのかもしれませんが、それは完全に岡山発に変わった感じ。そんなことも三江線の利用者が伸びなかった原因のひとつなのかもしれませんが、何にしても負の連鎖だったんだろうなぁ。

芸備線の三次以北、もっといえば志和口以北... いやっ、狩留家以北も心配になってきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿