2017年6月18日日曜日

久し振りに "十四代" を頂く

昨日は久し振りに "十四代" を頂きました(*^-^*)。


右側はやはり昨日頂いた茨城の武勇酒蔵の "和" です。はじめて頂いた銘柄ですが、十四代とは違うベクトルでこちらも美味しかった(*^-^*)。

話を戻して "十四代" ... やはりフルーティで美味しかった(*^-^*)。お宝な十四代、楽天をはじめとする通販ではとんでもない価格で販売されているのですね(汗)。そんな価格を知ってしまうと、ホントに贅沢な銘柄だなと。

ちなみにこのブログで日本酒のラベルをつけた書き込みは久し振りですが、書き込んでないあいだも結構頂いていたりします(^^(^^;。飲みに行く回数を減らさないといけないと思いつつ、ナカナカ容易ではないですねぇ(苦笑)。


2 件のコメント:

  1. 十四代と言えば高木酒造。高木酒造と言えば山形県ですから、こりゃ書き込まないわけにはいかないでしょう(笑)。

    このタイプはメロンのような華やかな香りが心地いいっすよね。

    値段も安くて一升で3000円オーバーってところでしょうが、それでも手に入れられればラッキーってところでしょうか。

    十四代は有名になりすぎて入手が困難になりましたが、山形の特に庄内地方にはこういうフルーティな日本酒が比較的安価に作られているので、いいお酒がいっぱいありますよ。

    返信削除
    返信
    1. けんぶーさん、いらっしゃいませ(笑)。

      フルーティな日本酒、人気ありますよね。私も辛口かどちらかと言われるとフルーティなほうが好みです(^-^)。このお店ではいつも銘柄はおまかせで頂いています(笑)。この十四代もプレミア価格ではなく他の日本酒と同じような価格で... ありがたい。

      そういえば山形のお酒ってあまり覚えがありません。秋田だと新政酒造とか思いつきますが... 今度お店の方にきいてみます(^-^)。

      削除